会社を休職するときってどうするの?

スポンサーリンク

f:id:mafty0312:20171128215206j:plain

体調不良が続き、会社に行けない日が増えたり、不眠で朝がとても辛く感じる時は、

思い切って会社を休職しましょう。なるべく早いうちにです。

人手不足だから、自分の仕事が残ってるからといって、無理をして会社へ行ってしまう

と、ますます症状が悪化してしまいます。

休職ってどういう手順ですればいいのか、意外と知らない人が多いと思いますので、

シンプルに一般的な流れをご紹介します。

休職前に会社の就業規則をしっかり読む

就業規則はどんな会社にもあるはずです。本来なら読んでおく物ですね。

調べることは、健康保険組合の傷病手当に関係するところです。

特に会社が何をどこまでしてくれるか、保障はどうなっているのか。

そしてどのような手順で申請すればいいのかメモをとることです。

会社には何かと面倒なルールがありますが、この機会に覚えておくと良いです。

今後どこかで役に立つこともあります。引き出しを一つ増やしておきましょう。

就業規則は意外と読まれていません。ぜひ、読んでおいてください。

まずは会社に休職の連絡をしましょう

社会人として基本的なルールなので、ここはきちんとです。

一般的には直属の上司に伝える事が多いかと思います。その上司と話したくない

場合は、人事課や総務の人事担当の方に理由を話して伝えるのが良いです。

現在ではメンタル系の相談には、きっちりと対応してくれるはずです。この時に

必要な手順や、必要な書類を教えてくれます。

この書類の中に、医師の診断書が必要になるケースが多いです。

医療機関で会社を休職するため診断書をもらう

医療機関を選ぶ時は、慎重に選びましょう。

今後の人生を左右するといっても過言ではありません。

こんなひどい経験をした方も実際にいます。

 

blog.yorozuya.mobi blog.yorozuya.mobi

 

優先順のおすすめは、長く通院することになるので、自宅から近い

医療機関が良いです。

そこで問題になるのが、きちんとした治療を受けれるかどうか。

可能なら公的な医療機関、市町村国の総合病院が良いです。

治療法や薬に関しても安定しています。

しかし、総合病院には紹介状が必要です。もし予約がとれたとしても

初診料として、余分な費用がかかってしまいます。

そんな時は

blog.yorozuya.mobi

を参考に病院選びをしてみて下さい。

会社と休職期間を確認する

必要な書類を人事課、総務に提出し、担当者と所属長と話し合いになります。

ここでの話しは、主に確認事項となりますので、電話でのやりとりで済む場合も

あります。精神疾患も病気ですので、他の心臓病や肝臓病などと同じです。

不当な言動をとられた場合は、労災も視野に入れて良いと思います。

ただ、精神疾患は理解者が大変少ないのが残念なです。

病気の経験があり代理人的な人が、一緒に居てくれればと私は何度も思いました。

こればかりは、家族でも無理ですね。

休職期間は十分に休みましょう

どうしても焦ります。休養する環境も大事です。ですがここで、十分に回復しておかないと、必ず何度も繰り返します。

最低でも半年はストレスフリーな生活をしてください。

鎖国」しましょう。経済的にも厳しくなりますが、色々な制度がありますので、

それらを活用して乗り切ることが最短で回復することになります。 

 

blog.yorozuya.mobi